求人で勤め先を探そう|求人情報を得て働きマンになろう

Job offer

多種多様

結婚式関連のバイトの歴史についてご紹介します。

ウェディングは明治時代や大正時代では、庶民はこじんまりとやっており、披露宴の手伝いは近所の人や親戚が総出で手伝っておこなっているのが普通で、ウェディングのバイトなどというものはありませんでした。しかし戦後になってからは大きな披露宴会場でウェディングパーティーをするようになって、人手がいるようになってバイトを雇うようになったという歴史があります。 特に最近の平成になってからのウェディングのバイトの歴史としては、聖歌隊やコーラス、楽器の演奏をウェディングで取り入れる人がおり、披露宴だけでなく、式そのものにも多くのバイトが参加して式を盛り上げているのです。そんな歴史が、ウェディングのバイトにはあります。

ウェディングでのお仕事は多種多彩なものに。

ウェディングのバイトというと、イメージるするのが披露宴パーティー会場でのウエイターやウエイトレスのお仕事でしょう。これは結婚式の雰囲気をまじかに感じられる素晴らしいものです。ほかに司会進行をつとめる人や、神父さん、神官、巫女さんなんかもたいていがバイトがやっています。 そして今後のウェディングバイトの傾向ですが、親戚役を演じる、または友人役を演じるバイトが多くなり、最終的には新婦役、新郎役をやることも考えられるでしょう。これは様々な複雑な入り組んだ事情のために、やむえず友達役や親戚役そして新郎新婦役をお願いしなければいけない人が増えているということです。特に友達役や親戚役は数合わせのために多く呼ばれ参加する動向になっていくでしょう。